>Review>手術で症状を緩和させる【下肢静脈瘤の手術法】

手術で症状を緩和させる【下肢静脈瘤の手術法】

手術

下肢静脈瘤は命の危険を感じるような病気ではありません。しかし、見た目が気になるという人も少なくないでしょう。いくつかの手術方法があります。通院前に口コミを確認して手術法について知っておきましょう。

レビュー

ストリッピング手術を受けました

父親が下肢静脈瘤になった経験があります。この病気は遺伝によって引き起こされる可能性がある病気として知られているという事を知っていましたが、まさか自分がなるとは考えていませんでした。最初は治療の必要はないのかと考えていましたが、次第に悪化していったので病院へ行きました。すると、医者に手術が必要だといわれました。その際に、ストリッピング手術というものを受けました。下肢静脈瘤の治療には様々な方法がありますが、その人によって適した方法は違います。自分にはたまたまこれがあっていたという事です。そしてストリッピング手術を受けて、下肢静脈瘤は無事に治りました。この病気は、医師としっかり話をして適切な治療法を見つけることが大事だと改めて思いました。予想よりも早く、綺麗に治療してもらえて本当に良かったです。
(40代 女性)

医師と相談してレーザー治療に決めました

下肢静脈瘤という病気は全く知りませんでしたが、足の血管がどんどんと浮き出てくることが非常に気持ち悪く、たまらずに病院に駆け込みました。そこで、下肢静脈瘤であるという診断を受けました。治さなくても命にかかわることはないといわれましたが、見た目がよくないので治療に踏み切りました。その際に、医師と相談して見つけた治療方法がレーザー治療です。この病気には様々な手術方法がありますが、自分にはレーザー治療が総合的に見て適していました。そして、その方法で見事病気を完治させることができました。この病気の治療は、医師との信頼関係が非常に重要になってくると感じました。納得できる治療法を見つけられるようにしましょう。
(50代 女性)

広告募集中