HOME>コンテンツ>糖尿病改善の為に出来ること【病気の特徴を把握する】

糖尿病改善の為に出来ること【病気の特徴を把握する】

複数の人

糖尿病の症状・種類

テレビで健康をテーマにした番組は多いです。芸能人がクリニックで検査を受けて異常が発見されることもあります。糖尿病は日本にも多くの患者がいます。何の症状も無かったとしても健康診断は受けておいた方が良いでしょう。糖尿病には1型と2型があります。生活が不規則な芸能人や食生活が偏った人の多くに見られるのは2型です。症状にはトイレに行く回数が多くなったり、尿の匂いの変化、喉が渇いたりするなど多岐に渡ります。1型でも2型でも治療が必要ですが、1型はインスリン治療を要します。2型は生活習慣が原因となった場合が多いため、生活習慣の改善に取り組むことで糖尿病の症状も改善が期待できます。当たり前のことですが、自分を節制する精神力が必要です。

聴診器

食事の内容を見直そう

糖尿病だと診断された時は誰もがショックを受けるでしょう。しかし、自分の生活習慣を見直してみてあれが身体には悪かったと感じる点が誰にでもあるはずです。医者にも勧められるはずですが、まずは食事の内容を見直すことが大切です。今までの食生活を思い返した時、1日に3食以上食事を摂っている場合や、食事に占める脂質が多い、塩分過多など栄養のバランスが良くない場合がほとんどです。食事療法では塩分や摂取カロリー量などに気を遣う必要があります。自分の好きな味でない時や、好きな食べ物でない場合もあるでしょう。糖尿病を改善するためには我慢が必要です。医者の指示に従わずに隠れて何かを食べることや、これくらいは良いという甘えは改善から足を遠のかせてしまいます。

広告募集中