HOME>アーカイブ>脳動脈瘤は脳の動脈にあらわれる危険な兆候

健康面が気になる人は早めに内科で相談!

日常生活において何となく具合が悪い気がする、あるいは以前とはちょっと違っているなど、健康面が気になったらまず早めに墨田区の内科で相談しましょう。医師の診察と各種検査を受けて下さい。医療が進んだ現代では、ほとんどの病気はすぐに見つかります。必要なら専門病院を紹介してくれます。

脳動脈瘤・下肢静脈瘤の手術・免疫療法の治療が受けられる場所

カウンセリング

脳動脈瘤の治療が受けられる医療機関

脳動脈瘤は脳動脈の一部が膨らんで弱くなっている部分を指し、その診断にはMRA(磁気共鳴血管撮影)、CTA(CT血管撮影)、血管造影検査などが使われます。脳動脈瘤の破裂の危険性が大きいかあるいは破裂した場合は、脳外科で手術を行います。

下肢静脈瘤の手術が受けられる医療機関

下肢静脈瘤は下肢の静脈が膨れてコブになっている状態で、心臓に戻る血液が逆流してなり、むくみや色素沈着や痛みが出ることもあり、非常に多くの方に見られる症例です。症状が重い場合の手術は心臓血管外科で行い、静脈の中に細い管を入れて中からレーザーや高周波の熱で静脈を焼いて塞ぎます。

免疫療法の治療が受けられる医療機関

癌治療に利用される癌免疫療法は、人体に備わっている免疫機能を活用したもので、免疫細胞療法はこの免疫療法のひとつです。他臓器への転移などの拡がった癌に適用されます。国内で免疫細胞療法を受けるには、「臨床研究・先進医療」または「自由診療」の2つがあり、臨床研究・先進医療は大学病院などに限られ患者の制限もありますが、自由診療は民間医療施設で可能です。

脳動脈瘤は脳の動脈にあらわれる危険な兆候

医師

健康状態のチェック方法!検便検査でわかる病気

自分でできる健康チェックには、体温、血圧、動悸、食欲、歩行、顔色や体の表面、爪の色、舌表面、尿や便、睡眠、身長・体重・肥満度、疲労度、ストレス度などの項目が挙げられますが、その状態に変化があり、また長引く場合は要注意です。医療機関の血液検査では多くの病気の診断に利用され、また検便検査では、寄生虫やノロウイルスなどの細菌の有無、大腸ポリープや大腸がんなどの消化器疾患の有無を判断するのに役立ちます。

広告募集中